いくつできてる?目を守る紫外線対策



肌だけでなく目にもダメージを与えてしまう紫外線。
肌への紫外線対策として「日焼け止め」を塗る方は多くいらっしゃると思いますが、 目の紫外線対策はできていますか?また、いくつ対策をしていますか?

今回は、目の紫外線対策を意識していただけるように、 具体的な対策を紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。


今からできる!目を守る紫外線対策





●日傘をさす

頭上から降り注ぐ紫外線から守ってくれるのが日傘。
「UVカット率99%以上」や「遮光」という表記を確認して選ぶことをおすすめします。

また、地面からの照り返しによって紫外線が目に入ることを防ぐために内側が黒や紺色の日傘を選びましょう。


●帽子をかぶる

日差しが強い日のアウトドア、レジャーに欠かせないのが帽子です。
ある研究結果では、太陽が高い位置にあるときに、つばのある帽子を被ることで、 目が浴びる紫外線が約20%減少するとされています。

●紫外線対策メガネをかける


UVカット機能を持ったメガネやサングラスを着用すると、 目が浴びる紫外線量が90%も減少するとされています。

ただし、メガネやサングラスであれば、何をかけてもよいというわけではありません。
より紫外線対策をするためには、選び方にポイントがありますので、ご紹介します。

①レンズの色は濃くないものを選ぶ。
色の濃いサングラスを使うと瞳孔が開き、目の中に紫外線を多く取り込むおそれがあるため、 レンズの色は薄いものを選びましょう。

②紫外線カットの表示があるものを選ぶ。
「紫外線100%カット」などと、しっかり表示されたものを選びましょう。

③自分の顔の形に合ったメガネを選ぶ。
紫外線は目の正面からだけでなく横から浴びることもあるため、 できるだけ顔にフィットする形を選びましょう。

●目に良い栄養をとる


「ルテイン」「ビタミン類」「アスタキサンチン」「アントシアニン」など目の健康を維持する栄養を摂取しましょう。
「ルテイン」を多く含む緑黄色野菜や「ビタミン」たっぷりのフルーツなど 、毎日の食事に取り入れましょう。またサプリメントで手軽に補うのもおすすめです。


つい忘れがちな目の紫外線対策。
上記で紹介した紫外線対策を組み合わせることで、より紫外線から目を守ることができます。
できることから実践して、紫外線から目を守りましょう。

関連記事