2019.8.19

よく聞く美肌対策。それって本当に肌に良いの?





盛夏を向かえ紫外線も増してくる8月は、気になるのが肌への負担。
あなたが普段している肌のケア。実は、間違っているかもしれません。

今回は、美肌ケアの意外な落とし穴をご紹介!


リフトアップのためのマッサージにも意外な落とし穴が・・・



普段、リフトアップやシワ予防のマッサージのクリームは何を使っていますか?
いつものスキンケアのついでにマッサージ♪なんて方も多いのではないでしょうか。
スキンケアで多く使われているクリームは肌なじみがよく、すぐに浸透してなじんでしまうので、摩擦が起きやすくなってしまいます。
そのため、マッサージには専用のクリームを使うことをおすすめします。

[Point]クレンジングで代用するのもNG
クレンジングしながらマッサージしちゃえば早いんじゃない?と思われがちですが、クレンジングはメイクなどの汚れを浮き上がらせるのが目的ですので、 その汚れを長い間肌の上に乗せたままにするとお肌に負担をかけてしまうので要注意です。

マッサージ専用クリームなどのスペシャルケア用アイテムには、必ずそれぞれの使い方や説明が記載してあるので正しい使用法をよく読んで美肌を目指しましょう。


洗顔でやってしまいがちな5つの間違い



時間がないとき、ついおろそかになりがちな洗顔。今回は、気づかずやってしまっている洗顔の間違いを紹介!
できる範囲で少しずつ意識してみましょう。

1、 冷水や熱いお湯で顔を洗っている

熱いお湯で洗うと必要な皮脂まで落としてしまい、お肌に負担がかかってしまうということはご存知の方も多いのではないでしょうか。 ところが、実は冷水で洗顔を行うことも要注意です。
急激に皮膚表面の温度が下がることによって一時的に毛穴が縮んでしまい、落としたい汚れが落ちにくくなってしまいます。

◎洗顔はぬるま湯で行い、その後冷水で毛穴を引き締めるようにしましょう。


2、 洗顔の際に泡を濃密に仕上げるため少量の水で泡立てている

泡立てネット等を使うと水をほとんど使わずに泡立てることができます。 見た目はモコモコしているのですが、十分な水分が含まれていないと肌への摩擦を起こしやすく負担になってしまうかもしれません。

◎泡立てネットを使う場合は、水を足しながらたっぷりと泡を作るようにしましょう。


3、 「ゴシゴシ」と擦るように洗っている
これはもうみなさんご存知かとは思いますが、洗顔で肌を擦ることは摩擦で肌を傷つけてしまうためNGです。

◎特に、目元や口元などは頬やおでこよりも皮膚が薄いとされているため、指で肌を擦るのではなく泡でやさしく肌をなでるように洗いましょう。


4、 2分以上かけてじっくりと洗顔をしている
長い時間お肌に洗顔料をつけているとそれだけで負担になってしまい乾燥の原因となってしまいます。

◎洗顔時間は1分から1分半を目安にしましょう。


5、 洗顔後、タオルで擦るように顔を拭く
こちらも聞いたことがある方がいらっしゃるかもしれません。擦るように顔を拭くことで、タオルが肌を直接傷つけてしまう可能性があります。 特に、使い古したゴワゴワとしたタオルを使うことは、肌を傷つけ、乾燥の原因をつくりかねません。

◎柔らかい素材のタオルをポンポンと肌に当てるように水分を拭き取りましょう。



いかがでしたか?
普段無意識にやっていることが美肌を遠ざけてしまっているかもしれません。
間違いに気づいていても時間がなくてできていないことがたくさんあると思います。
正しいケア方法をできるところから少しずつ取り入れて美肌を目指しましょう!

関連記事