2019.11.1

潤い肌を目指す人に必要な栄養素①


肌は年齢とともに水分を保つ働きが低下してしまいます。 肌の乾燥がすすむとシワやたるみの原因に・・・。
そこで、潤い肌を保つために必要な栄養素や食品をご紹介します。


肉、魚、卵、大豆製品、乳製品からタンパク質を摂る


毎日の食事が野菜だけ、もしくは炭水化物に偏った食生活になっていませんか。
タンパク質は皮膚の材料になるほか、髪や爪、ホルモンや酵素の材料にもなるため美容には欠かせない栄養素です。 さらに肌の内部を支えるコラーゲンのもととなったり、肌の潤いやツヤの維持、ターンオーバーを円滑にするためにも重要です。
タンパク質を摂るときは、タンパク質のもととなるアミノ酸をバランスよく含む良質なタンパク質を摂ることを心がけましょう。 肉、魚、大豆にはそれぞれ異なる種類のタンパク質が含まれるので、日頃からバランスよく摂ることが大切です。
18歳以上の女性における、タンパク質摂取の推奨量は1日50gとされています。 例えば、朝食に卵焼き、昼食に豚肉と野菜炒めの定食、夕食に焼き魚と豆腐入りの味噌汁といった献立にすると、1日に必要なタンパク質量に近づけることができます。
また、タンパク質が効率的に働くためにはビタミンB6も必要です。 マグロ、レバー、鶏肉などの食材にはビタミンB6も多く含まれているので、意識して摂るようにしましょう。


魚から脂質を摂る


魚の油は、不飽和脂肪酸を多く含んでおり、 血液をサラサラにすることで血流を促して肌のターンオーバーにも良い働きをしてくれます。 また、脂質は私たちの体をつくる細胞の細胞膜や細胞間を埋める材料にもなるため、脂質が少ないと、肌が乾燥しがちになってしまいます。 魚を食べて、タンパク質も摂りつつ良質な脂質をとることで、潤う肌づくりに役立てましょう。



次回も引き続き、潤い肌に必要な栄養素をお伝えします。お楽しみに♪

関連記事