2019.7.16 12:00

カルキをほぼゼロに! 赤ちゃんとママにやさしい薬用入浴剤を試してみた

カルキをほぼゼロに! 赤ちゃんとママにやさしい薬用入浴剤を試してみた

赤ちゃんにも安心の薬用入浴剤『わかさの温浴』って?

赤ちゃんにも安心の薬用入浴剤『わかさの温浴』って?

1日の疲れを癒すバスタイムを、もっと贅沢な時間にしてくれるのが入浴剤。タイプも粉末からタブレット、ミルクにバスソルトまでさまざま。その時々の気分で使い分けている方も多いかもしれません。けれど、赤ちゃんや小さいお子さんがいるママの場合は、入浴剤の成分などが気になるのではないでしょうか。

そんなママにお試しいただきたいのが、薬用入浴剤『わかさの温浴』です。
『わかさの温浴』の主な成分は「クエン酸」「ビタミンC」「重曹」と、ナチュラルな成分でつくられています。香料や着色料、添加物は不使用なので、赤ちゃんや敏感肌の方でも安心です。

また、水道水の残留塩素を中和するので、『わかさの温浴』が溶け出したやさしいお湯は、デリケートな赤ちゃんや小さなお子さまとのバスタイムにぴったりです。

お風呂上がりもしっとり! 『わかさの温浴』の使い心地をレビュー

お風呂上がりもしっとり! 『わかさの温浴』の使い心地をレビュー

安心成分でつくられ塩素も中和する、赤ちゃん&ママ想いな薬用入浴剤『わかさの温浴』。その使い心地を実際に試してみました!

ぬるめのお湯に『わかさの温浴』のタブレットをイン!

使用方法としては、36~41℃のぬるめのお湯がおすすめとのこと。そこで湯温を39℃に設定し、バスタブにお湯をはりながら『わかさの温浴』タブレットを1~3錠イン。

一般的な入浴剤は入浴の直前に入れるタイプが主流ですが、『わかさの温浴』はゆっくり溶けるため、お湯をはる際に入れるのがポイントだそう。確かに、いつも使っているバスボムはあっという間に溶けて無くなりますが、『わかさの温浴』は細かい泡を出しながら、とてもゆっくり、しゅわしゅわと溶けていきました。

お湯がまろやかに!? じんわり温まる、至福のバスタイム

タブレットが溶けきった頃合いをみて、お待ちかねのバスタイムです。無香料、無着色なので香りやお湯の色は変化がないものの、心なしかお湯がまろやかになった感じです。

『わかさの温浴』の温浴効果を体感したい場合は、15分以上お湯に浸かるのがおすすめとのこと。そこで、湯船に浸かったままストレッチしたり、体をマッサージしながら15分。子どもとコミュニケーションをとりながら入るにもちょうどいい時間です。ぬるま湯なのでのぼせることはなく、それでいて額にはうっすら汗がにじみ、体が温まっているのが感じられました。

お風呂上がりに温浴効果を実感!

驚いたのは、お風呂上がり。普段は間髪入れずに保湿しないとあっという間に肌が乾燥するのに、『わかさの温浴』での入浴後はしっとり。それに、冬はもちろん夏でも常にひんやりしている二の腕が、じんわり温かい……。体の芯から温まっているのが実感でき、続けていれば長年悩んでいる冷えともおさらばできそうな予感がしました! 子どもの手足もポカポカでした。

お風呂デビューしたばかりなど月齢が低い赤ちゃんの場合は、ベビーバスに『わかさの温浴』を入れて沐浴も気持ちいいと思います。

ポカポカの秘密は「重炭酸イオン」。うれしい効能がいっぱい

ぬるま湯に15分浸かっただけなのに、体の芯までぽかぽか。その秘密は『わかさの温浴』から発生する「重炭酸イオン」にありました。重炭酸イオンは毛細血管までも広げて、体のすみずみまで血の巡りを促してくれます。

温浴効果により巡りがよくなると、代謝がアップし肌の調子が上向きになったり、肩こりや腰痛、冷えといった血行不良からくる不調の緩和につながります。つまり、重炭酸イオンが高濃度で溶け出す『わかさの温浴』を入れたお湯に15分以上浸かることで、きれいはもちろん、より健康な体づくりにもつながるというわけです。

『わかさの温浴』の効能は、肩こりや腰痛、にきび、荒れ性、冷え、疲労回復、神経痛など。めまぐるしい日々を送っている子育て中のママにうれしい効能が並びます。

ちなみに、重炭酸成分が含まれる希少な温泉を「重炭酸泉」と呼びます。日本と同じく温泉大国で、自然療法のパイオニアでもあるドイツでは、重炭酸泉が医学的にも注目されています。

週末のとっておき。ママのご褒美バスタイムにもいかが?

週末のとっておき。ママのご褒美バスタイムにもいかが?

『わかさの温浴』は、ママのリラックスタイムにもぴったり。普段は忙しいママも、週に1~2回くらいは、『わかさの温浴』のお風呂に15分ほどつかってしっかり温まり、日頃の疲れを癒してみてはいかがでしょうか?

24時間休みなしのママだからこそ、おうちで手軽に息抜きをして元気をチャージ。自宅で温泉気分が味わえる『わかさの温浴』を、週末や休日のご褒美バスタイムとして取り入れてみてください。