実は夏に体は冷えやすい!?




猛暑日が続く中、体調が優れない、夏バテ気味という方も多いのではないでしょうか。
外出先や職場での冷房の効きすぎで寒いと感じている女性も多いはず。
筋肉量が少ない女性は男性より体温を維持することが難しく、冷えにとても弱いといわれています。
長時間冷房の効いた室内で過ごすと、血液の流れが悪くなり、肩こりや体調不良に繋がることも。


~簡単チェック~
二の腕、足首、お腹周りを触ってみてください。
“ひんやり冷たい”と感じた方は体が冷えているサイン。


夏に体が冷えてしまう要因とは?




夏なのになぜ体が冷えてしまうのか?
実は筋力不足による血行不良が考えられます。
皆さんも当てはまるものにチェックしてみてくださいね。

□冷房が効いた室内で長時間過ごすことが多い
□湯船につからずシャワーだけですませる
□常に冷たい飲み物を飲んでいる
□体を冷やす食材を摂取している(特に夏野菜や砂糖)
□ストッキングやタイツ等をよく履いている
□過度なストレスを溜め込んでいる


1つでも当てはまる方は体が冷えているサイン!


体を温める方法とは?



・朝昼晩3食バランスの良い食事を摂る
・飲み物は常温で飲む(白湯もおすすめ)
・湯船につかる
・質の良い睡眠を取る
・運動をする(ストレッチ)

きゅうりやトマトなどの夏野菜は体を冷やすといわれていますが、
温野菜にして食べたり、発酵食品や体を温める食材と一緒に食べると良いでしょう。

1日の疲れを溜めたままで寝てしまうと質の良い睡眠は取ることができません。
湯船につかり、マッサージなどで体をほぐし、悪くなった血流を改善しましょう。


夏のおすすめの入浴法




夏だと暑いからと湯船に入らない方も多いのではないでしょうか。
夏場は『わかさの温浴』の重炭酸イオンパワーでぬるま湯でも
温浴効果を高め、冷え解消に役立ちます。

36℃~41℃の温度で15分以上ゆっくり浸かりましょう。
少しぬるく感じるかもしれませんが、重炭酸イオンが体の芯から温める力があるので、
血流が良くなり、代謝を上げることができます。

無香料、無着色、そして残留塩素を中和する為、
お肌が弱い方や、赤ちゃんも安心して使用することができます。


まずは1週間試してみてください!
この夏から『わかさの温浴』で体質改善してみませんか?

関連記事