2019.7.16


日焼けしたお肌に!パプリカで夏のカラフル簡単レシピ


夏本番、暑さに負けて食欲もなくなり、外に出ると紫外線も気になる季節。
そんなときは、みずみずしく元気がもらえるカラフルな食材で暑さや紫外線対策をしたいですよね。
今回は、美肌効果も期待できる夏野菜「パプリカ」を使った簡単レシピをご紹介します。

>>さっそくレシピを見る「赤パプリカとオクラのアボカド和え」

赤パプリカは夏の日焼けの救世主!?




紫外線が気になる夏に食べたい旬の食材としては「パプリカ」がおすすめです。
特に、「赤パプリカ」には紫外線ダメージをケアし美肌に導く 「ビタミンA」「ビタミンC」「ビタミンE」が豊富に含まれています。

紫外線対策には美肌に導くビタミンA・C・E!




紫外線対策やケア、美肌を目指す人にぜひ覚えてほしいビタミンが、 「ビタミンA」「ビタミンC」「ビタミンE」の3つ!
これはビタミンACE (エース)として覚えてしまいましょう。

太陽を浴びたら「ビタミンA」

紫外線を浴びて真っ先にダメージをが気になる肌。
さらに、ダメージを受けるのは肌だけでなく疲れやすくなったり 充血したりと全身にダメージがきますよね。
特に、紫外線を浴びると角膜が炎症を起こして目が充血します。
ビタミンAは肌の健康的な働きや充血しがちな目の健康に欠かせない栄養素です。
ビタミンAが多く含まれる夏が旬の野菜には、赤パプリカやシソ、 オクラ、モロヘイヤなどがあげられます。

美肌になるには「ビタミンC」

ビタミンCはコラーゲンの合成をサポートし、シワ・シミ対策にが期待できるビタミン。
シミのもとであるメラニン色素をブロックする働きがあり、 透明感のある美肌を目指す人に嬉しい栄養素です。
夏野菜には、ビタミンCが豊富な食材が多くあります。
特に赤パプリカや黄パプリカ、レモン、ゴーヤ、モロヘイヤなどに多く含まれます。

若返りのビタミン「ビタミンE」

ビタミンEは若返りのビタミンともいわれ、体の酸化を防ぎ血行を促進する働きが期待できます。
夏の肌やからだのためにもおすすめの栄養素です。
赤パプリカやシソなどの夏が旬の野菜のほか、アボカド、アーモンドなどに多く含まれます。

日焼け対策レシピ『赤パプリカとオクラのアボカド和え』




[材料 (4人分)]

・赤パプリカ ……1/2個
・黄パプリカ ……1/2個
・オクラ ……4本
・アーモンド ……3~5粒
・アボカド ……1/2個
・青じそ ……1/2枚
・レモン汁 ……大さじ2
・塩こうじ ……大さじ1
・塩 (オクラの下処理用) ……小さじ1程度

[作り方]

1.赤パプリカ・黄パプリカを3cm角程度の一口大に切る。
2.オクラは塩をふり、まな板の上でコロコロと転がし板ずりをして水洗いする。
ヘタ・ガクは切り落とし、1cm程度の輪切りにする。
3.アーモンドを粗みじんに切る。
4.ポリ袋にレモン汁・塩こうじを入れ、アボカドを一口大に切って加え、揉むように混ぜ合わせる。
5.パプリカ・オクラ・アーモンドをポリ袋に加えて和える。
6.皿に盛り付け、トッピングに青じそを千切りにしてのせる。

[調理のポイント]

ポリ袋を使うことで手軽に全体を和えることができ、洗い物も少なくて済みます。
オクラは板ずりをすることで口当たりがよくなり、生で美味しく食べることができます。
アボカドは変色しやすいため、レモン汁と和えることで変色を防ぎます。
今回ご紹介したレシピに使用した食材は美肌に嬉しいものばかり!
さらに夏野菜には水分が多く含まれていて暑さや 紫外線ダメージでほてったからだを冷やしてくれる働きもあります。
旬の食材や栄養素を味方につけて、夏本番を楽しみましょう。

関連記事